新庄村でほっこり生活
活動日記
MUlife!
森林セラピーと草木染を開催いたしました

毎年ご好評いただいている草木染。今年は何で染めていただこうかと悩んだ末、【アカネ】【カナムグラ】【オオマツヨイグサ】に決定。

まず、草木染の手順を説明。みなさん、熱心に聞いています。

アカネ、カナムグラ、オオマツヨイグサを煮出すために排水ネットに入れていきます。

カナムグラは強靭な蔓で、しかも茎から葉柄にかけてするどい棘があるので素手で取り扱うのは危険です。

肌が弱い人はかぶれることもあるそうです。

アカネは根っこを使うのでハサミで細かくカットします。

煮出して染液を作ります。

布をしっかり豆乳に浸します。浸すというより、豆乳がしっかり布に入るように揉み込むと言ったほうが正しいかも。

なぜ、豆乳に浸すのかというと、今回染めるのに使った布は綿や麻など植物からできているものなので豆乳に含まれているタンパク質を染み込ませることで、より色が入りやすくなるからです。

ちなみに絹は蚕が作り出すたんぱく質があるので、豆乳に浸けなくても大丈夫だそうですよ。

しっかり絞った布にビー玉やわりばしなどで模様を付けます。

どんな模様になるのか最後までわからないので、みなさん真剣です。

布を染液で煮ていきます。赤っぽいのがアカネで、黄色いのがカナムグラです。

15分ほど煮た後は、ミョウバンまたはおはぐろの媒染液にしっかり浸けます。

媒染液につけることで色が落ちにくくなるという効果があります。

水洗いした後、再び染液で15分ほど煮ます。

そして、またまた水洗いをして、いよいよビー玉や割りばしを取り除きます。

もう一度しっかり水洗いして、完成!!

布によって染まり具合に差がでましたが、とっても綺麗にできあがりました。

赤っぽいのが【アカネ】

黄色いのが【カナムグラ】←あのやっかいな草からこんな綺麗な黄色に染めることができるなんて驚きです。

グレーがおはぐろを加えた【オオマツヨイグサ】

です。

布を乾かしている間、昼食&森林セラピー体験。

昼食は今回はセラピー弁当ではなく、真庭あぐりガーデンさんの『まにわっぱ弁当』をいただきました。

真庭産の食材をふんだんに使ったお弁当で、セラピー弁当と同じくらいおいしくいただきました。

昼食の後は、森林セラピー体験をしていただき、記念撮影の後、解散となりました。

お客様からは、また次回も参加したいとの声もいただきうれしかったです。

来年以降も草木染を行っていく予定ですので、こんな植物で染めてみたいという要望があれば、ぜひ協議会までお知らせください。